お知らせ(2018年度)

平成32年度(2020年度)「日本農業工学会賞」受賞候補者の推薦募集について

2018.12.06

 農業施設学会日本農業工学会賞候補推薦内規に従い、下記の要領で平成32年度(2020年度)日本農業工学会賞(日本農業工学会)の受賞候補者を推薦くださいますようお願い申し上げます。
 なお、推薦にあたっては予め農業施設学会賞審査委員会宛にご連絡ください。推薦書式を送付いたします。

  • 1. 推薦募集期限
  • 2019年2月8日(金)
  • 2. 候補者の推薦要件
  • (1) 農業施設学会学術賞を受賞した者を中心に、論文賞、奨励賞受賞者で優れた研究、技術開発に多大な業績を上げた者
  • (2) 農業施設学会賞の受賞業績以外に国際的、社会貢献に堅調な実績がある者
  • 3. 応募書類提出先
  • 〒305-0901 茨城県つくば市池の台2
  • 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門 畜産環境研究領域 気付
  • 農業施設学会 学会賞審査委員会 幹事 横山 浩
  • Tel: 029-838-8679 Fax: 029-838-8606
  • E-mail: award@sasj.org

ページトップへ

平成32年度(2020年度)「みどりの学術賞」受賞候補者の推薦募集について

2018.12.06

 農業施設学会みどりの学術賞候補推薦内規に従い、下記の要領で平成32年度(2020年度)みどりの学術賞(内閣府)の受賞候補者を推薦くださいますようお願い申し上げます。
 なお、推薦にあたっては予め農業施設学会賞審査委員会宛にご連絡ください。推薦書式を送付いたします。

  • 1. 推薦募集期限
  • 2019年2月8日(金)
  • 2. 候補者の推薦要件(農業施設学会みどりの学術賞候補者推薦内規 抜粋)
  • (1) 農業施設学会員の業績で、わが国において植物、森林、緑地、造園、自然保護等に係る研究、技術の開発その他の「みどり」に関する学術上の顕著な功績のあった者
  • (2) 原則として、農業施設学会賞(学術賞)を受賞した者
  • 3. 応募書類提出先
  • 〒305-0901 茨城県つくば市池の台2
  • 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門 畜産環境研究領域 気付
  • 農業施設学会 学会賞審査委員会 幹事 横山 浩
  • Tel: 029-838-8679 Fax: 029-838-8606
  • E-mail: award@sasj.org

ページトップへ

平成31年度(2019年度)「日本農業研究所賞」受賞候補者の推薦募集について

2018.12.06

 農業施設学会日本農業研究所賞候補推薦内規に従い、下記の要領で平成31年度(2019年度)日本農業研究所賞(財団法人日本農業研究所)の受賞候補者を推薦くださいますようお願い申し上げます。
 なお、推薦にあたっては予め農業施設学会賞審査委員会宛にご連絡ください。推薦書式を送付いたします。

  • 1. 推薦募集期限
  • 2019年2月8日(金)
  • 2. 候補者の推薦要件(農業施設学会日本農業研究所賞候補者推薦内規 抜粋)
  • (1) 農業施設学会員の業績で、わが国農業の発展のため学術研究上顕著な貢献をなし、今後の農業の発展はもとより豊かな食生活の形成や農山村の活性化などにも貢献することを期待できる者
  • (2) 原則として、農業施設学会賞を受賞した個人
  • 3. 応募書類提出先
  • 〒305-0901 茨城県つくば市池の台2
  • 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門 畜産環境研究領域 気付
  • 農業施設学会 学会賞審査委員会 幹事 横山 浩
  • Tel: 029-838-8679 Fax: 029-838-8606
  • E-mail: award@sasj.org

ページトップへ

平成31年度(2019年度)「日本農学進歩賞」受賞候補者の推薦募集について

2018.12.06

 農業施設学会日本農学進歩賞候補推薦内規に従い、下記の要領で平成31年度(2019年度)日本農学進歩賞(公益財団法人 農学会)の受賞候補者を推薦くださいますようお願い申し上げます。
 なお、推薦にあたっては予め農業施設学会賞審査委員会宛にご連絡ください。推薦書式を送付いたします。

  • 1. 推薦募集期限
  • 2019年2月8日(金)
  • 2. 候補者の推薦要件(農業施設学会日本農学進歩賞候補者推薦内規 抜粋)
  • (1) 農業施設学会員の業績で、農学の進歩に貢献した者
  • (2) 原則として、農業施設学会賞(学術賞または奨励賞)を受賞し、当該年度の10月1日で40歳未満の者
  • 3. 応募書類提出先
  • 〒305-0901 茨城県つくば市池の台2
  • 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門 畜産環境研究領域 気付
  • 農業施設学会 学会賞審査委員会 幹事 横山 浩
  • Tel: 029-838-8679 Fax: 029-838-8606
  • E-mail: award@sasj.org

ページトップへ

平成32年度(2020年度)「日本農学賞」受賞候補者の推薦募集について

2018.12.06

 農業施設学会日本農学賞候補推薦内規に従い、下記の要領で平成32年度(2020年度)日本農学賞(日本農学会)の受賞候補者を推薦くださいますようお願い申し上げます。
 なお、推薦にあたっては予め農業施設学会賞審査委員会宛にご連絡ください。推薦書式を送付いたします。

  • 1. 推薦募集期限
  • 2019年2月8日(金)
  • 2. 候補者の推薦要件(農業施設学会日本農学賞候補者推薦内規 抜粋)
  • (1) 農業施設学会員の業績で、学問的に内容が優れ農学の発展に貢献した者又は人類の福祉の向上に著しく貢献した者
  • (2) 原則として、農業施設学会(学術賞)を受賞して3年以上経過した者
  • 3. 応募書類提出先
  • 〒305-0901 茨城県つくば市池の台2
  • 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門 畜産環境研究領域 気付
  • 農業施設学会 学会賞審査委員会 幹事 横山 浩
  • Tel: 029-838-8679 Fax: 029-838-8606
  • E-mail: award@sasj.org

ページトップへ

2019年度「農業施設学会賞」受賞候補者の推薦募集について

2018.12.06

農業施設学会長 北村豊

 農業施設学会賞規程に従い、下記の要領で2019年度農業施設学会賞(Awards of the Society of Agricultural Structures Japan(SASJ))学術賞、奨励賞、技術賞、貢献賞の受賞候補者を推薦くださいますようお願い申し上げます。

  • 1. 学会賞の種類
  • (1) 学術賞(SASJ Academic Award):
  • 本学会誌『農業施設』に掲載された論文で、学術上の顕著な研究業績を対象とする。
  • (2) 奨励賞(SASJ Young Scientist Encouragement Award):
  • 本学会誌『農業施設』に掲載された論文で、学術上の萌芽的研究を対象とする。
  • (3) 技術賞(SASJ Technical Award):
  • 農業施設の技術の向上に顕著な業績をあげた設計、施工例等を対象とする。
  • (4) 貢献賞(SASJ Recognition Award):
  • 学会運営あるいは国際会議の開催・運営、学会誌の発展等、学会活動における顕著な貢献を対象とする。
  • 2. 推薦募集期限
  • 2019年2月8日(金)
  • 4.提出先
  • 〒305-0901 茨城県つくば市池の台2
  • 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門 畜産環境研究領域 気付
  • 農業施設学会 学会賞審査委員会 幹事 横山 浩
  • Tel: 029-838-8679 Fax: 029-838-8606
  • E-mail: award@sasj.org
  • 5. その他
  • 審査の都合上、応募に際しては、上記提出先まで事前にご連絡をお願いします。
  • なお、応募書類は返却いたしませんので、必要な場合は予め応募者において写しをお取りください。
  • 応募書類記入上の不明な点については、提出先までお問い合わせください。

ページトップへ

農研機構の若手任期付研究職員(2019年4月1日採用)の公募のお知らせ

2018.10.31

  • 1. 採用予定の機関、研究領域(所在地)、課題名、業務内容
  • 1) 別表のとおり(複数の公募ポストに応募することも可能)
  • 2) 採用予定人数:合計40名程度
  • 2. 勤務地
  • 農研機構本部:茨城県つくば市、東京都千代田区
  • 農業情報研究センター:茨城県つくば市、東京都千代田区
  • 北海道農業研究センター:北海道札幌市
  • 東北農業研究センター:岩手県盛岡市、福島県福島市
  • 中央農業研究センター:栃木県那須塩原市
  • 九州沖縄農業研究センター:熊本県合志市
  • 果樹茶業研究部門:静岡県静岡市、鹿児島県枕崎市
  • 野菜花き研究部門:三重県津市、茨城県つくば市
  • 畜産研究部門:茨城県つくば市
  • 動物衛生研究部門:茨城県つくば市
  • 農村工学研究部門:茨城県つくば市
  • 生物機能利用研究部門:茨城県つくば市
  • 次世代作物開発研究センター:茨城県つくば市
  • 農業環境変動研究センター:茨城県つくば市
  • 3. 採用日
  • 2019年4月1日
  • 4. 任期
  • (1) 原則3年間(2019年4月1日から2022年3月31日)
  • (2) 研究課題の進捗状況などによっては、最長2年の任期延長を行う場合もあり。
  • (3) テニュアトラックを付したポストではない。
  • 5. 応募条件
  • (1) 博士の学位を有する者または取得見込者(採用予定日前に学位取得が可能な者)
  • (2) 研究職員として採用予定ポストの研究課題を担当するために必要な知識、能力または技術を有する者
  • (3) 国籍は問わないが、日本語または英語によるコミュニケーション能力が必要。また、採用日までに日本国内における当機構で就労するために必要な在留資格を取得していることも必要。
  • (4) 業績および資格などに関わる評価が同等と認められる場合には、女性・外国人の採用を優先的に検討。
  • ※ 次のいずれかに該当する者を除く
  • ・成年被後見人又は被保佐人。
  • ・禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで、又は執行を受けることがなくなるまでの者。
  • 6. 応募締切
  • 2018年11月30日(金) 13時00分 必着・締切日・時間厳守

ページトップへ

農研機構のパーマネント研究職員(2019年4月1日採用)の公募のお知らせ

2018.10.31

  • 1. 採用予定の機関、研究領域(所在地)、課題名、業務内容
  • 1) 別表のとおり(複数の公募ポストに応募することも可能)
  • 2) 採用予定人数:合計40名程度
  • 2. 勤務地
  • 農研機構本部:茨城県つくば市、東京都千代田区
  • 農業情報研究センター:茨城県つくば市、東京都千代田区
  • 北海道農業研究センター:北海道札幌市
  • 中央農業研究センター:茨城県つくば市
  • 西日本農業研究センター:広島県福山市、島根県大田市
  • 九州沖縄農業研究センター:熊本県合志市
  • 果樹茶業研究部門:静岡県島田市、鹿児島県枕崎市
  • 野菜花き研究部門:三重県津市、茨城県つくば市
  • 畜産研究部門:茨城県つくば市
  • 動物衛生研究部門:茨城県つくば市
  • 農村工学研究部門:茨城県つくば市
  • 食品研究部門:茨城県つくば市
  • 生物機能利用研究部門:茨城県つくば市
  • 次世代作物開発研究センター:茨城県つくば市
  • 農業技術革新工学研究センター:茨城県つくば市
  • 農業環境変動研究センター:茨城県つくば市
  • 遺伝資源センター:茨城県つくば市
  • 高度解析センター:茨城県つくば市
  • 3. 採用日
  • 2019年4月1日
  • 4. 応募条件
  • (1) 博士の学位を有する者または取得見込者(採用予定日前に学位取得が可能な者)
  • (2) 研究職員として採用予定ポストの研究課題を担当するために必要な知識、能力または技術を有する者
  • (3) 国籍は問わないが、日本語または英語によるコミュニケーション能力が必要。また、採用日までに日本国内における当機構で就労するために必要な在留資格を取得していることも必要。
  • (4) 業績および資格などに関わる評価が同等と認められる場合には、女性・外国人の採用を優先的に検討。
  • ※ 次のいずれかに該当する者を除く
  • ・成年被後見人又は被保佐人。
  • ・禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで、又は執行を受けることがなくなるまでの者。
  • 5. 応募締切
  • 2018年11月15日(木) 13時00分 必着・締切日・時間厳守

ページトップへ

2019年農業施設学会学生・若手研究発表会の開催とポスター発表募集のお知らせ

2018.10.15

 農業施設学会では、農業施設分野の業務に従事している、または、興味を持っている学生を含む若手研究者のための2019年農業施設学会学生・若手研究発表会を開催します。研究発表会においてポスター発表を募集しますので、奮ってお申し込みください。初めての試みであった2018年の研究発表会は、筑波大学において開催しましたが、25件の発表があり、活発な議論がなされました。研究発表会は、会員・非会員問わず、高校生、高等専門学校(本科・専攻科)、大学・大学院(博士前期課程・博士後期課程)の生徒・学生を含め、企業、研究機関等で活躍中の若手研究者が対象となります。優秀な発表には審査を経て表彰します。

ページトップへ

農業施設学会2019年度大会について

2018.10.15

 農業施設学会の2019年度大会は、農業食料工学会および国際農業工学会(CIGR)セクションⅥシンポジウムと合同で以下のように開催します。

大会名称2019年農業食料工学会・農業施設学会・国際農業工学会第6部会合同国際大会
日時2019.09.03(委員会等)および09.04~09.06(市民公開シンポジウム、学術講演等)
場所北海道大学 学術交流会館および農学部(北海道札幌市)

ページトップへ

酪農学園大学 専任教員の公募のお知らせ

2018.09.04

  • 1. 専門分野
  • 農業施設学(家畜管理・福祉学分野を含む)
  • 2. 職名・人員
  • 准教授 1名
  • 3. 採用予定日
  • 2019年4月1日
  • 4. 応募期限
  • 2018年9月28日(金) 必着

ページトップへ

摂南大学 農学部 専任教員・特任教員の公募のお知らせ

2018.07.24

  • 1. 採用予定職位・人数
  • 農業生産学科(仮称)特任教員(助教・助手)2名程度
    食品栄養学科(仮称)専任教員(教授・准教授・講師)
     または
    特任教員(教授・准教授・講師)
    3名程度
    特任教員(助教・助手)6名程度
    食農ビジネス学会(仮称)専任教員または特任教員(教授・准教授・講師)1名程度
  • 2. 勤務地
  • 主として摂南大学 枚方キャンパス(大阪府枚方市)
  • 3. 採用予定時期
  • 2020年4月1日を原則とする
  • 4. 応募期限
  • 2018年8月20日(月) 応募書類必着
  • ※2020年4月に新たに農学部を開設予定(2019年3月設置認可申請予定)

ページトップへ

九州大学 大学院農学研究院 助教の公募のお知らせ

2018.06.06

  • 1. 募集職種・人員
  • 助教 1名
  • 2. 所属
  • 環境農学部門 生産環境科学講座 農産食料流通工学分野
  • 3. 採用予定時期
  • 農学研究員教授会での承認後、可能な限り早い時期
  • 4. 応募期限
  • 2018年7月6日(金) 17:00必着

ページトップへ

国際農林水産業研究センター(JIRCAS)の若手育成型任期付研究員(2018年10月1日採用)の公募のお知らせ

2018.06.06

  • 1. 研究領域(勤務場所)
  • 熱帯・島嶼研究拠点(沖縄県石垣市)
  • 2. 採用予定人数
  • 1名
  • 3. 採用時期
  • 2018年10月1日(予定)
  • 4. 応募条件
  • (1) 博士号を有する者、または2018年9月までに取得見込みの者
  • (2) 当該業務に必要な研究職員としての知識及び技能を有する者
  • (3) 日常会話程度の日本語力を有する者
  • ※「男女共同参画社会基本法」の趣旨に則り、男女共同参画を推進しており、女性研究者の積極的な応募を歓迎。また、外国籍の研究者の応募を歓迎。
  • 5. 応募締切
  • 2018年7月2日(月) 17:00
  • 6. 選考方法
  • (1) 書類審査:2018年7月上旬(予定)
  • (2) 面接審査:2018年8月上旬(予定)
  • ※国際農林水産業研究センター(茨城県つくば市大わし1-1)にて実施

ページトップへ

農業環境工学関連学会2018年合同大会の研究発表(OS)申込の締切延長のお知らせ

2018.04.25

 農業環境工学関連学会2018年合同大会のオーガナイズドセッション(OS)の発表申込の締切が、5月11日(金)まで延長となりましたのでお知らせします。なお、農業施設学会員がオーガナイザーになっているOSが2件企画されていますので、奮ってお申込ください。

  • 重要な締切日一覧
  •  期限
    研究発表(OS)申込2018年4月26日(木) 2018年5月11日(金)
    研究発表(一般)申込2018年5月24日(木)
    講演要旨原稿提出2018年6月10日(日)
    早期参加申込
    大会参加費(早期割引)振込
    2018年8月3日(金)※1
    webからの参加申込
    参加費(通常価格)振込
    2018年8月30日(木)※2
  • ※1:農業施設学会誌49巻2号(2018年6月発行)に振込用紙を同封する予定です。
  • ※2:8月4日(土)以降に振込される方は通常価格になります。8月31日(金)以降は会場受付にて申込ください。
  • 農業施設学会オーガナイズドセッション(OS)
  • <OS-12>畜産における環境と家畜飼養管理
  • ・セッションの内容
  • 悪臭、暑熱、防疫等の畜産を取り巻く課題の現状、それらの対策技術やICT等を活用した飼養管理技術について研究発表と討議をする。畜産の課題への対策技術の未来展望や未来型畜産の生産方式についてフリーディスカッションをする。
  • ・オーガナイザー
  • 池口厚男(宇都宮大学)
  • <OS-13>海外で学ぶ農業施設
  • ・セッションの内容
  • 若手研究者が、参考となるような留学や海外調査などの事例を経験をもとに紹介し、将来に向けて農業施設研究の国際的な展開をはかる。
  • ・オーガナイザー
  • 金井源太(農研機構)

ページトップへ

農業環境工学関連学会2018年合同大会の申込サイト開設のお知らせ

2018.04.09

 農業環境工学関連学会2018年合同大会申込サイトが開設されましたので、お知らせします。なお、研究発表申込や参加費振込などの重要な締切日は以下のようになっています。また、農業施設学会員がオーガナイザーになっているオーガナイズドセッション(OS)は以下のとおりです。

  • 重要な締切日一覧
  •  期限
    研究発表(OS)申込2018年4月26日(木)
    研究発表(一般)申込2018年5月24日(木)
    講演要旨原稿提出2018年6月10日(日)
    早期参加申込
    大会参加費(早期割引)振込
    2018年8月3日(金)※1
    webからの参加申込
    参加費(通常価格)振込
    2018年8月30日(木)※2
  • ※1:農業施設学会誌49巻2号(2018年6月発行)に振込用紙を同封する予定です。
  • ※2:8月4日(土)以降に振込される方は通常価格になります。8月31日(金)以降は会場受付にて申込ください。
  • 農業施設学会オーガナイズドセッション(OS)
  • <OS-12>畜産における環境と家畜飼養管理
  • ・セッションの内容
  • 悪臭、暑熱、防疫等の畜産を取り巻く課題の現状、それらの対策技術やICT等を活用した飼養管理技術について研究発表と討議をする。畜産の課題への対策技術の未来展望や未来型畜産の生産方式についてフリーディスカッションをする。
  • ・オーガナイザー
  • 池口厚男(宇都宮大学)
  • <OS-13>海外で学ぶ農業施設
  • ・セッションの内容
  • 若手研究者が、参考となるような留学や海外調査などの事例を経験をもとに紹介し、将来に向けて農業施設研究の国際的な展開をはかる。
  • ・オーガナイザー
  • 金井源太(農研機構)

ページトップへ

2018年度「若手の会」の開催案内および発表者募集

2018.04.05

 毎年、農業施設学会・若手の会では、学会大会にあわせてイベントを開催しております。本年度は、農業環境工学関連学会2018年合同大会オーガナイズドセッションとして以下の企画を行います。

  • <OS-13>海外で学ぶ農業施設
  • ・セッションの内容
  • 若手研究者が、参考となるような留学や海外調査などの事例を経験をもとに紹介し、将来に向けて農業施設研究の国際的な展開をはかる。
  • ・オーガナイザー
  • 金井源太(農研機構)

 4月4日より発表者の募集を開始しています。農業施設に関する留学経験をお持ちの方、農業施設に関する海外調査経験をお持ちの方、若手研究者の今後の海外展開に向けた参考になります。ぜひとも経験を語っていただければと思います。
 発表時間、形式など、ご希望に添うように検討いたしますので、積極的に発表申込をしていただければ幸いです。合同大会ホームページからの申込後に、若手の会(wakate@sasj.org)にもメールでご連絡いただけると助かります。
 また、情報交換会を開催予定です(詳細は後日お知らせします)。学生さん、若手(もちろん“自称”も可)をはじめ、学会員の皆様のご参加をお待ちしております。

ページトップへ

会員情報の登録・変更についてのお願い

2018.04.02

  • 1. 住所変更等について
  •  転勤などにより所属機関や住所に変更が生じた場合は、学会事務局までご連絡くださいますようお願いいたします。連絡方法は、このホームページの入会・登録変更の申込フォームから送信するか、Faxでお願いいたします。郵便振込票での連絡はご遠慮ください
  •  なお、購読会員および賛助会員におかれましても、団体名、住所、担当者および担当部署、電話およびFax等に変更がある場合は同様にご連絡お願いいたします。
  • 2. 学生会員の皆さまへ
  •  卒業・修了後も会員を継続する方および正業に就かれたまま大学の社会人コース等に在籍中の方は、入会・登録変更の申込フォームから正会員への会員種別の変更をお申し出くださいますようお願いいたします。退会を希望する場合は、メール、Fax、ハガキのいずれかで必ず学会事務局にご連絡ください。
  • 3. 退職される方へ
  •  4月1日現在で常勤職を持たない満60歳以上の正会員の年会費は、本人の申告に基づいて4,000円とすることができます。ご希望の方は学会事務局までご連絡ください。
  • 4. 会員メーリングリストへの登録について
  •  学会事務局から会員の皆さまへの連絡が簡易に行えるようにするため、メールアドレスをお持ちの場合は会員メーリングリストへの登録にご協力くださいますようお願いいたします。会員メーリングリストへの登録・変更・削除は、入会・登録変更の申込フォームから送信してください。

ページトップへ

お知らせ

会員メーリングリスト

会員サークル