バックナンバー要旨

53巻1号(2022.03)

  • 技術論文
  • 家畜排せつ物堆肥材料のかさ密度の推定(第1報)―豚ふんと副資材の混合材料における検討―
  • 前田武己・齋藤雅貴・小島陽一郎・阿部佳之

 豚ふんに副資材としておが粉,籾殻,戻し堆肥をそれぞれ混合した材料についてかさ密度の値を検討した。小容積容器を用いた荷重試験を行い,その初期かさ密度と沈下量の回帰式から,堆積高さが2 mまでの単位面積当たりの質量とかさ密度を推定した。本研究の混合材料の初期かさ密度は,既往研究よりもおが粉混合では小さく,逆に戻し堆肥混合では大きかった。沈下量は,おが粉混合では水分が高いものほど大きかったが,籾殻混合と戻し堆肥混合では水分との関係は不明瞭であり,また副資材による違いも小さかった。得られたかさ密度の値は既往値と比較して,おが粉混合では約6~7割,籾殻混合では8~9割,戻し堆肥混合では1.1~1.2倍の値となった。こうした違いが生じた原因は,豚ふんと副資材との乾燥質量比が異なることと副資材個々の性状が異なるためと考えられ,豚ふん性状の変化による影響は小さいと考えられる。

キーワード:かさ密度,豚ふん,副資材,堆肥化,堆積状態,水分

ページトップへ

  • 技術論文
  • 家畜排せつ物堆肥材料のかさ密度の推定(第2報)―乳牛ふんと副資材の混合材料における検討―
  • 前田武己・齋藤雅貴・小島陽一郎・阿部佳之

 乳牛ふんに副資材としておが粉,籾殻,戻し堆肥をそれぞれ混合した堆肥材料について,かさ密度の値を検討した。小容積容器を用いた荷重試験の初期かさ密度と沈下量の回帰式から,堆積高さが3 mまでの単位面積当たりの質量とかさ密度を推定した。乳牛ふん材料の初期かさ密度の値は,おが粉混合や籾殻混合では豚ふん材料の6~7割であり,戻し堆肥混合では4割となった。沈下量は水分が高い材料ほど大きい傾向があったが,最大荷重のときの沈下量はおおむね戻し堆肥混合,籾殻混合,おが粉混合の順に大きかった。本研究により得られた乳牛ふん材料のかさ密度の推定値は豚ふん材料より小さく,また同種材料を用いた既往値に対してもおが粉混合とでは籾殻混合ではともに7割~8割程度に,戻し堆肥混合では5割~6割となった。これらは,ふんと副資材の乾燥質量比の違いと,実験操作の違いによるものと考えられる。

キーワード:かさ密度,乳牛ふん,副資材,堆肥化,堆積状態,水分

ページトップへ

53巻2号(2022.06)

  • 研究論文
  • 二重染色法を用いた牛ふんにおける生分解性プラスチック蓄積細菌数の割合
  • 島田光一・池口厚男・菱沼竜男

 家畜排せつ物は有用なバイオマス資源である。その発生量の9割以上が堆肥化処理される一方,近年では,堆肥の余剰等の課題から,堆肥化以外の新たなマテリアル利用法が検討されている。本研究では,家畜排せつ物の新たなマテリアル利用として生分解性プラスチックであるPHA(Polyhydroxyalkanoate)に着目し,家畜の中で排せつ物の発生量が最も多いウシを対象に,牛ふん中PHA蓄積細菌の存在確認,全菌数とPHA蓄積細菌数および全菌数に対するPHA蓄積細菌存在割合の定量評価を行った。試料は栃木県大田原市のA農場と那賀川町のB農場からホルスタイン,黒毛和種それぞれ3頭ずつの計12頭のウシから採取した。手法にはNile blue AとDAPIによる二重染色法を用い,直接計測法で細菌数の計測を行った。その結果,牛ふん中にPHA蓄積細菌の存在が確認され,牛ふんにおいてPHAが蓄積されることが明らかとなった。PHA蓄積細菌数と全菌数はそれぞれ1.0 ~ 11.0 × 107 cells/g-wet basis,5.4 ~ 50.4 × 107 cells/g-wet basisであり,全菌数に対するPHA蓄積細菌存在割合は 18.5 ~ 20.9 % であった。全菌数,PHA蓄積細菌数に関して牛種間で有意差は認められなかったが,全菌数は両牛種,PHA蓄積細菌数はホルスタインでのみ農場間で有意差が認められた。PHA蓄積細菌存在割合は牛種間,農場間いずれも有意差は認められなかった。

キーワード:家畜排せつ物,バイオマス,マテリアル利用,二重染色法,PHA

ページトップへ