バックナンバー要旨

52巻1号(2021.03)

  • 研究論文
  • 電気化学酸化法による食品系バイオマス中褐色成分の脱色における影響因子の解明
  • 吉田弦・李鄭学究・井原一高

 食品製造では,暗褐色の廃水のような食品系バイオマスが大量に排出される。このような食品系バイオマスを再利用する際,着色成分の除去が求められることが多いが,従来の生物学的処理では脱色は困難である。そこで生物学的処理にかわる物理化学的処理法の一種として電気化学酸化法による脱色を検討した。着色成分としてカラメルおよびメラノイジンを対象とした電気化学酸化実験を実施し,電流強度,塩化ナトリウム濃度,初期色度が脱色性能とエネルギ消費に及ぼす影響について検討を行った。電流強度の増加に伴い処理速度は大きくなり,脱色性能は向上した。一方で,電流強度の大きい条件では消費エネルギが増大した。塩化ナトリウム濃度が増加するにつれて脱色性能は向上した上,消費エネルギは減少した。したがって,塩化ナトリウム濃度の制御により消費エネルギを削減しうる脱色プロセスを構築できることが明らかになった。

キーワード:電気化学酸化法,脱色,食品系バイオマス,カラメル,メラノイジン

ページトップへ

  • ノート
  • 令和元年房総半島台風による温室の被災パターン
  • 森山英樹・石井雅久・土屋遼太

 2019年9月に関東地方を縦断した令和元年房総半島台風(台風第15号)によって,千葉県では360億円以上の温室被害が発生した。温室の配置条件が被災パターンや被災時の気流に及ぼす影響を明らかにするために,パイプハウス団地および連棟ハウスを対象に現地調査を行った。その調査結果に,既往の台風(平成26年台風第18号)に関して実施していた調査結果を補足し,並列配置されたパイプハウスおよび連棟ハウスの被災メカニズムを明らかにした。パイプハウス側面の転倒は,風上側側面に作用した正圧が原因であった可能性が高い。一方,風下棟における負圧は,骨組み構造を浮き上がらせた。同じく風下棟における屋根の陥没は,気流の再付着が原因であった。縮流による気流の増加は,局所的な破壊を発生させた。さらに,防風ネットの設置方位,パイプハウスの筋交いの追加,鉄骨ハウスの基礎の適切な埋設等,今後の台風対策の留意点を抽出することができた。

キーワード:パイプハウス,鉄骨ハウス,正圧,負圧,気流の再付着,基礎の埋設深,強風対策,2019年台風第15号,2014年台風第18号

ページトップへ