バックナンバー要旨

51巻1号(2020.03)

  • 研究論文
  • 地ビール醸造家を対象としたホップ香気の評価指標に関する研究
  • 田村匡嗣,駒田華奈,井上大悟,齋藤高弘

 本研究の目的は,官能評価されたホップ香気を可視化するための指標の確立とした栃木県の地ビール醸造家5名によるホップ7品種の香気の官能評価を実施するとともに,表示方法を検討した.ホップ8品種の香りは,元来の香り(OA)およびドライホッピングを模擬した抽出した香り(EA)としてそれぞれ調製した.栃木県の地ビール醸造家9名の官能評価によって,OAおよびEAを用いてビール醸造過程を模擬したホップ香気の指標を検証した.これらの結果について,2016年10月(n=79)および2017年1月(n=27)に全国の地ビール醸造家を対象としたアンケート調査を実施した.その結果,醸造家にとってホップは,ビールの香り付けとして重要度が高いこと,購入時における香りの情報が少ないことなどが明らかとなった.さらに視覚的なホップ香気の指標は,有効回答件数(n=79)の89%の醸造家から望まれた.そこで,ホップ香気および醸造過程のホップの香気を示す5つの官能評価用語(フルーティ,フローラル,ハーバル,スパイシー,シトラス)からなる6段階尺度のレーダーチャートに,文章説明を加えたパッケージ例を提案した.

キーワード:地ビール,ホップ,香り,官能評価,アンケート調査

ページトップへ

  • 研究論文
  • 秋・春季のトマト栽培におけるヒートポンプを用いた夜間除湿による病害抑制
  • 後藤文之・寺添 斉・四方田 淳・守谷栄樹・庄子和博

 春季および秋季のトマト栽培では,夜間にハウス内の相対湿度が上昇するために,葉かび病などの発生が危惧される。ヒートポンプは暖房だけではなく冷房,除湿,送風と多機能を備えている。このヒートポンプを用いた除湿の効果を検討するために,2台のヒートポンプを設置した温室(試験区)と灯油暖房機を設置した温室(対照区)を用いてトマトを栽培し,病害の発生,植物の生育,環境制御に使用されたエネルギー消費量の比較試験を秋季と春季の2回行った。除湿には暖房用と冷房用のヒートポンプを2台使い,夜間に30分,4回の間欠運転を行った。その結果,ヒートポンプによる除湿を行った温室では,病害の発生はほとんど見られなかったが,対照区の温室では病害が発生した。果実の重量,開花数,糖度には両者に有意差は認められなかった。春季の栽培期間中の対照区と試験区のエネルギー消費量は,それぞれ,10817 MJ,4618 MJであった。試験区のエネルギー消費量の約27 %が除湿に使われていた。以上のことから,秋季および春季のトマト栽培におけるヒートポンプの間欠運転による除湿は,栽培温室の相対湿度の低減効果が大きく,病害の抑制に有効と考えられた。

キーワード:除湿,温室,ヒートポンプ,かび病,トマト

ページトップへ

  • 技術論文
  • 蓄冷材を用いた青果物の保冷における温湿度変化と鮮度保持効果
  • 源川拓磨・Pankaj kumar GARG・Tofael AHAMED・野口良造

 融点を0~5 °Cのチルド帯に設定可能な蓄冷材を用いた青果物の保冷法の性能について明らかにした。フィルム包装したコマツナのベビーリーフおよびイチゴ果実を蓄冷材と伴に保冷ボックスに入れて貯蔵し,保冷ボックス内の温度と相対湿度および貯蔵前後の青果物の品質を測定した。その結果,保冷ボックス内を低温かつ高湿度な環境に数日間保つことが可能であり,ON/OFF制御や除霜運転を伴う冷凍機を用いた冷却に比べて温湿度の変動が小さいことが示された。また,貯蔵の前後で青果物の品質に変化はなく,蓄冷材を用いた保冷法は冷凍機を用いた場合と同様に高い鮮度保持効果を有することが確かめられた。これらの結果から,蓄冷材を用いた保冷法が青果物輸出におけるコールドチェーンの切れ目を補う有効な手段であることが示された。

キーワード:蓄冷材,青果物,保冷,コールドチェーン,鮮度保持,輸出

ページトップへ

51巻2号(2020.06)

  • 研究論文
  • 大規模温室の温熱空気環境をモニタリングするためのワイヤレス・センサ・ネットワークの開発と評価
  • 後藤文之・伊藤憲彦・庄子和博

 日本の温室やハウスでは,石油暖房機等の温風を利用した暖房が一般的である。温風暖房は,温湯暖房と比べて温室内の温度むらが発生しやすいため,エネルギーの無駄や不均一な作物の生育が生じると考えられる。しかしながら,温風によって発生する温度むらの程度や発生メカニズムの詳細はよくわかっていない。それらを明らかにするためには,温室内の多地点の温度を同時に長期間計測可能なワイヤレス・センサ・ネットワーク(WSN)の利用が適している。本研究では,温室内の通信環境や電源の供給を考慮して,温室内温度分布を多点で長期間かつ同時に計測するセンサノードを開発するとともに,商業栽培用温室においてWSNの評価を行った。通信には,データ送信に制約が少ない2.4 GHz帯を使用する無線方式のうち,通信制御時と通信時の消費電力が小さいTWELITEを採用した。電源部は太陽電池とコンデンサを使用することによって,電池交換を不要にした。開発したWSNは野外測定において100 mの通信距離を十分に確保できることが分かった。太陽電池は温室内においても十分に発電しており,少なくとも半年以上は,正常にセンサノードから電波を発信できる状態であった。また,70個のセンサノードを0.5 haのトマト栽培温室に設置することにより,室温の経時を詳細に捉えることができたことから,WSNが有効に機能することが示された。

キーワード:ワイヤレス・センサ・ネットワーク,温室,温熱環境,トマト,温度,太陽電池

ページトップへ

  • 技術論文
  • 堆肥化とメタン発酵の複合処理を想定した半固形状乳牛ふん尿の固液分離による堆肥化
  • 古橋賢一・田中章浩・黒田和孝・福重直輝

 筆者らは,ルーズバーン式牛舎から排出されるオガクズを含んだ半固形状乳牛ふん尿について,堆肥化とメタン発酵を組み合わせた複合処理の適用を検討している。本報ではその一環として,半固形状ふん尿を固液分離して固形分を回収し,実際に堆肥化を行って堆肥化特性と臭気発生を評価した。半固形状ふん尿を固形分離した固形分は,かさ密度は減少するが,易分解性有機物が搾汁液側に移動するため,難分解性有機物の含有率が増加した。この固液分離後の固形分についてパイロットスケール堆肥化装置(容積1.8 m3)を用いて堆肥化試験を行い,堆肥化特性および臭気発生を調べた。固液分離後の固形分を堆肥化した区(固液分離区)では,同量のふん尿をオガクズで水分調整した材料を堆肥化した区(オガクズ混合区)と比較して同程度の発酵温度,有機物分解率が得られ,難分解性有機物の分解率はオガクズ混合区よりも高かった。一方,固液分離区ではオガクズ混合区と比較して,堆肥化期間中のアンモニア揮散量が55 %低減し,臭気指数相当値と通気量の積で表した臭気指数排出強度は堆肥化1週目で44.9 %,2週目で37.2 %低減した。

キーワード:乳牛ふん尿,堆肥化,固液分離,メタン発酵,バイオマス,臭気低減

ページトップへ