バックナンバー要旨

49巻1号(2018.03)

  • 技術論文
  • スギ切削チップの静置通風乾燥
  • 竹倉憲弘・薬師堂謙一

 ハウス暖房の加温ボイラーの燃料の重油を地域資源である木質チップで代替するため、バイオガス発電の余剰排熱等を利用してチップを燃焼利用前に効率的に乾燥することを想定し、スギ生木切削チップの静置通風乾燥する基礎試験および実規模試験を行った。
 0.1 m3規模の基礎試験では、堆積高さ30 cm、送風量14.2 L/s、送風温度95 ℃の条件で210 minで乾燥でき、送風量および送風温度が一定の条件では乾燥に要する時間は堆積高さに比例することが明らかになった。1 m3の実規模試験からは、送風温度100 ℃で乾燥時間は580 minであった。自作した乾燥ベースと簡易堆肥器を組み合わせて木チップの乾燥が実用的に行えることが明らかとなったことから、乾燥ベースと組み合わせて使用する市販の簡易堆肥器を改良した送風乾燥用耐熱フレコンを試作した。この耐熱フレコンでの乾燥時間は、送風温度100 ℃で14.5 hになると推定する。

キーワード:バイオマス、固形燃料、エネルギー変換、切削チップ、静置乾燥

ページトップへ

  • 技術論文
  • バイオマスボイラーによるハウス暖房システムの開発
  • 竹倉憲弘・山下善道・金井源太・薬師堂謙一・安東赫

 施設園芸におけるハウス暖房に使用される化石燃料を木質バイオマスで代替するとともに、地域資源である木質バイオマスの利活用を促進することを目的として、ロータリーキルン式バーナーを核としたバイオマスボイラーにより燃焼熱を温水に変換して温風暖房するハウス暖房システムの実証実験を行った。
 ロータリーキルン式バーナーの熱風温度は700 ℃前後で、キルン内での溶融の問題は発生せず、5時間15分の燃焼で使用したペレットは65.6 kgであった。定格50 %の燃料供給で5.5時間で約80 ℃の温水を製造でき、熱交換器で燃焼熱から温水に交換された熱量は935 MJで、熱効率は84 %であった。17時半前から翌朝9時半ごろまでハウスの暖房を行って、ハウス内気温は暖房設定値の±1 ℃以内の精度で制御することができ、総放熱量は840 MJであった。本システムは温水タンクを備えたバイオマスボイラーによる暖房システムで、小型のバーナーでハウス暖房が可能である。本システムの設備単価は、kW当たり7万円程度である。木質バイオマスの燃焼による熱量をできるだけ無駄にしないために、今後はより適切な燃焼や温水循環の制御方法を確立していく必要がある。

キーワード:木質チップ、木質ペレット、ハウス暖房、温風暖房、バイオマスボイラー、ロータリーキルン式バーナー、ラジエーター、熱交換

ページトップへ